大事だと言われる車検の見積もりの見方

自動車を使用する上で絶対に欠かすことができない「車検」は、頻度こそ多くはないものの一回当たりの出費は比較的大きな負担になってしまいます。普通自動車なら10万円程度、軽自動車でも7万円程度の費用が必要になることが多い以上、そのコストをしっかりと計算して確保することが大切です。ただし、同じ費用で同じ結果になると言う保証があるわけではなく、むしろ価格の差が結果の差に比例することは稀です。ほとんどの場合、内容と結果に大きなかい離があるように感じるもので、利用者からすれば「納得できない」という不満を感じる大きな要因です。そういった不満を解消するためのポイントは、「見積もりの段階でしっかりと比較検討をする」ということです。これができるかどうかだけでもまったく違った結果になります。

車検見積もりをとる時に注意するポイント

検定整備で行う内容は、大きく分けると二種類に分けられます。法律によって定められている基準をクリアするために必須となる整備と、もう一つは安全な走行をするために必要な整備です。いずれも安全なカーライフを送る上では欠かすことのできない整備ですが、それはあくまでも「車の正常な状態を維持するため」です。つまり、安全に車を使用するための条件が整ってさえいれば良いということであり、何も定期的な整備のタイミングで行う必要性はありません。しかし、数年おきに必ず訪れる整備の機会ということもあり、整備業者からすれば「稼ぎ時」になります。そのため、本来は必要性が高くない内容だとしても、積極的に行おうとする状況が多くあります。「何が必要で何が不必要なのか」を良く考え、整備を依頼するようにしましょう。

「セカンドオピニオン」を活用する手もある

必要な整備内容かどうかを判断するためにも、車検の見積もりをしっかりと検討することは大切です。どのような内容が行われて、その作業にどのくらいのコストがかかるのかをしっかりと把握することが必要です。たとえば、「エンジンからの異音」が気になる状態で整備の機会が訪れたとして、それに関する内容が含まれていない整備内容では問題を解決しきれない可能性があります。必要な作業がしっかりと行われているのかどうか、そして、その作業に対する報酬の設定が適切なのかどうかを意識していくと、余計なリスクを回避することができます。ただし、素人目にその判断をすることは簡単ではないため、状況によってはまったく逆の判断をする可能性もあります。そのような場合、「第三者の専門業者に判断を依頼する」という方法もあります。

インターネット予約ではいつでもかんたんにご予約ができます。 車検当日については、受付から清算まで一連の流れを説明しています。 クリスマスキャンペーンは豪華賞品がアタリマス!! 新車初回車検の「はじめてくん」は車検基本料1万円。 全国で、国際規格のISO9001:2008を取得。 ホリデー車検独自の立会い車検はお客様と一緒にお車を見て頂きその場で説明いたします。 車検のお見積もりをご検討ならこちらへ